女性用精力剤は本当に効果を実感できるの?効果がない事もある?

女性用精力剤の効果とは?

女性用精力剤の効果とは?

精力剤と聞くと男性用のものに限定しがちですが、実は女性用と男性用と言ったように性別に応じて存在しています。

それぞれの性別に応じて効果的と考えられる成分が配合されているので、性別に応じて使い分けるのが一般的なスタイルです。

仮に女性自ら何らかの性機能の低下に気付いたときには、女性用精力剤を使用することで解決を図ることになるわけです。精力剤には作用するポイントに違いがあります。

身体機能を高めて生殖活動をサポートする作用を持つものから、性欲を掻き立てるものまで作用は様々です。自分の悩みに応じて、最適の精力剤を使用することを心がけてください。

ただし一部の女性用精力剤のなかには、男性用のものと同一の成分を配合している場合もあるのです。それは有効成分にジルデナフィルを含む薬の場合です。

この成分は男女問わず性器やその周辺に分布している毛細血管の拡張作用をもっており、女性でも膣分泌液の促進などの効果が見られることも知られています。

そのような事情があるため、例外的に男性用のものも使用されることもある訳です。女性特有の悩みとして、不感症や性交時痛などの症状には女性専用のものが、良好な結果を期待できるでしょう。

このような悩みに対応した女性用精力剤の主な成分は、女性ホルモンを配合しているものが多いようです。女性ホルモンは思春期に分泌量が増加することからも分かるように、生殖器の発達にも大きな影響を与えています。

女性の場合年齢を重ねて、更年期に近接するに従い、女性ホルモン分泌量の減少が顕著になります。

性ホルモンには性欲を掻き立てる作用もあるうえに、本来体内でも生成されているものなので安全性も高く、女性ならではの悩みには最適の変化を期待できるのです。

このような薬理的作用の他に、性交に対する不安や緊張を和らげ性行為へのマイナスイメージを減らす作用も期待出来ます。女性用精力剤を服用することによる、精神的安定感を得て、性行為に臨むことを可能にするからです。

ただし服用したからといって、瞬時に効果を実感できるものは少なく、ある程度継続的に使用することが望ましいと言えます、

また2015年には女性用バイアグラとして、フリバンセリンという薬がアメリカの食品医薬品局で商人を享けました。これは脳や中枢神経に作用し、性欲を喚起する作用を持っているのが特徴です。

しかし抗うつ剤にも使用された成分のため、副作用の可能性もあります。このような事情があるため、日本では承認を得られていません。